ホーム > 巻き爪ケア

巻き爪ケア

巻き爪ってどうしてなるの?

md_img2.jpg

放っておくとさらに悪化するケースも。

巻き爪でお悩みではありませんか?

足の拇指によく観られる陥入爪は発生すると非常に痛く、腫れ、化膿などを引き起こすケースも見られ、とても厄介なものです。若男女を問わず悩んでいる方も増えてきているのが現状です。その理由として、爪のケアに対する間違った解釈と靴の選び方などが多く挙げられます。

痛みから解放されたいが為に爪の食い込んだ部分を深く切り込んでしまい、しばらくの間は痛みもなくなりますが、爪が伸びるにつれて食い込みはますます強くなり、また切る。その繰り返しにより悪循環を引き起こすケースが大半です。あるいは長期間放っておいた為、無残に腫れ上がりながらも「切るのはいやだ」からと、痛むのも我慢している。
「たかが爪」によって、歩行もままならない程、苦しい思いをしている方は、潜在的な数も含めればかなりの数字になるはずです。

巻き爪は誰にでも起こりうるトラブルです。

健やかな爪を保つために

爪は私たち人間が手によって、足によって行う基本的な作業の為になくてはならない器官です。足の爪のトラブルにより、歩く、立つ、地面を蹴るといったごく当たり前のことにも支障が出てしまいます。

一方爪は、健康のバロメーターともいわれますが、健やかな爪を保つにはなによりも予防が大切なのですが、一般的には、その為にどう爪を扱ったら良いのか分からない、あるいは、老若男女問わず、靴選びに大きな原因がある事をご理解いただけていないのが現状のようです。

トラブル回復しても、靴、アフターケア、日常の手入れを怠っていれば、後にまた再発は免れません。

md_img.jpg

巻き爪の原因は日常のお手入れ、靴のサイズなど様々な要因が考えられます。

ドイツ生まれの巻き爪ケア B/Sスパンゲ

巻き爪矯正 B/Sスパンゲについて

当店は、ドイツ生まれの痛くない巻き爪ケア、B/Sスパンゲの取り扱い専門サロンです。

B/Sスパンゲは足の爪の食い込みに対するドイツの矯正法です。
とりわけ爪の痛む箇所に直接装着するのに適しています。
このスパンゲを固定する為に、爪の外側のへりの下に押し込む為のフックは必要ありません。
装着の際は、皮膚や爪を傷つけませんので、痛みをともなうことはありません。

bssp.jpeg

B/Sスパンゲは特殊なプラスチック製の平らなスプリングになっています。
爪の表面にのみ装着します。このスパンゲを爪全体にあてがうことによってスプリングの力が爪全体に分散されるので、どこかある部分を強く圧迫するということもありません。

B/Sスパンゲの爪への装着は短時間、かつ安全に固定することができます。爪の根本もこれによって影響を受け、矯正されると共に、速効的に痛みを軽減します。また続けてこのB/Sスパンゲを使うことで爪甲が広がり平らになります。
同時に爪の切り方を始め、靴選び、日常生活での注意、手入れなどがいかに大切かのカウンセリングをよくご理解頂き、自発的に予防への努力をして頂くことも大切なことです。

このB/S法は、足の専門分野や、また医療分野などから高い評価を頂いております。そして、陥入爪にお悩みの方々から、苦痛を伴うことなく、高い効果を得られるという多くの喜びの声を頂いております。

 

爪や周囲の皮膚を傷つけません。

爪甲だけにスパンゲを固定する為、皮膚や爪を傷つけることなく爪全体を無理なくもち上げ痛みを軽減させます。

継続して使用する事で爪甲が広がり平らになります。

この巻き爪矯正法は、足の専門分野や、医療分野からも高い評価を頂いております。
お気軽にご相談ください。
巻き爪は個々の状態に個人差があり、ケアにかかる時間が大幅に変わってくる為、症状をお伺いした上で施術法をご提案させて頂きます。

フットサロンタエの施術室

〒114-0001
東京都北区東十条2-16-15サーティワン東北ビル301
TEL:03-6903-0771
E-mail:310-30@tae-21036.com
予約/受付時間:月〜金 16:00-19:00   土 11:00-18:00
定休日:日曜・祝日