ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

新しい店で営業しています。

こんにちは東十条の巻き爪矯正フットサロンタエです。

今年の1月、東十条2丁目に引越しました。(JR東十条駅南口改札から徒歩1分)

まだまだ店舗として、お客様に認識して頂くには目立たない状態なので、

目立つ看板を制作中です。

ご近所の新規お客様にもお越し頂ける様努力致します。

魚の目除去は痛いの?

東京都北区東十条の巻き爪矯正フットサロンタエです。

来店されるお客様の中に魚の目除去がかなり痛いと思われてい方が結構いらっしゃるようです。

中には「麻酔をするんですか?」おっしゃる方も???

医療ではないので麻酔は使用できませんし、痛いと思われている事も間違ってます。

皮膚の内側に出来ている白く硬い芯の様な物が魚の目ですが、

魚の目自体は死んだ角質ですから痛みはありません。

その魚の目と隣り合わせの皮膚が痛いのです。

皮膚の内側と言うことは皮膚の外側に出来るたこよりも魚の目の方が皮膚に近い。

ご自分ではさみや軽石で除去される時はどうしても皮膚に押し当てるしかないので

かなりの激痛でしょう。

マシンを使用して除去する方法は押し当てるのではなく、少しづつ触れながら削っていくので

痛みは感じません。

是非お試しをfoot

 

バスタイム、足は素手で洗いましょう

東京都北区東十条の巻き爪矯正フットサロンタエです。

お風呂で足を洗う時、何を使って洗ってますか?

体の免疫力、冷え疲労回復、日々の健康の為

素手で洗う事を是非お勧めします。

【洗い方のポイント】

足指の間全部に、手の指五本を差し込んで、足と手で握手する様にして足指の股を確りと洗って下さい。

さらにその状態で、足指をマッサージしながら、指先の方に向かって手の指をゆっくりと一度にぬいて下さい。

少し痛気持ち良い感じですが、石鹸を使ってやるので思ったよりスムーズに出来るはずです。

めんどくさいと思われますが、毎日の体を洗う一貫なので慣れてしまえば苦になりません。

特別に時間を取る訳でもなくバスタイムの中で少し習慣を変えるだけです。

「継続は力なり」効果は大きいですよfoot

爪も乾燥します。

東京都北区東十条の巻き爪矯正フットサロンタエです。

乾燥シーズン真っ只中、足裏、踵等は勿論ですが、爪も乾燥します。

二枚爪になったり、足の指先をぶつけたりすると、爪が割れてしまう事もあります。

お風呂上りに爪も油分補給をしてあげて下さい。

爪をマッサージしながら油分を擦り込むと血行も良くなり一石に長の効果です。

おすすめします。

爪切りのご来店

東京都北区東十条の巻き爪矯正フットサロンタエです。

爪切りで来店されるお客様、症状はいろいろです。

厚い爪でニッパとマシーンを使って格闘しながら長時間かかってしまう方。

巻き爪で私自身のポジションを移動しながら少しづつカットしなければいけない方。

非常に爪が割れやすくマシーンの削り中心でケアしなくてはいけない方。

その他いろいろです。

どれもご自分でのケアは非常に困難です。

お困りの方、是非お越しくださいませ。confident

巻き爪で長いお付き合い

東京都北区東十条の巻き爪矯正フットサロンタエです。

K様が巻き爪で初めて来店されたのが4年前でした。

痛みも消えて爪も広がり卒業されました。

再び来店されるようになったのは2年前ぐらいです。

体調で股関節腰などを悪くされたり、そのリハビリや

健康を維持する為の教室、趣味のダンス等で再び

痛みを感じる様になったそうです。

以前の様に定期的には通われていませんが、予防や

痛みを感じた時、不定期に通われてます。

K様とは長いお付き合いになりました。

出張の帰りにフットケアでご来店有難うございます。

東京都北区東十条の巻き爪矯正フットサロンタエです。

先日新規のお客様でフットケア、フットマッサージのご予約がありました。

ご来店されたお客様のご自宅は当店から大分離れた場所で、その上出張帰りでした。

出張中の足の疲れから、いつもに増して足裏の角質が痛かったそうです。

角質除去、足裏から脹脛、膝までのマッサージで、痛み、疲れから開放されたとのことでした。

わざわざ出張の帰りにご来店有難うございました。

第49回癒しプチフェスタ

東京都北区東十条の巻き爪矯正フットサロンタエです。

4月13日第49回癒しプチフェスタ に参加しました。

前回と同じく「フットケア」と「巻き爪無料相談」です。

ML_SH380077.jpg     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ML_SH380078.jpg

悲劇が起きるかも?足爪スルーで「痛々しい●●になる」習慣

東京都北区東十条の巻き爪矯正フットサロンタエです。

ヤフーヘルスケア健康ダイエット記事にこんな事が載ってました

 

新しい靴を初めて履いたときや、サイズが合わない靴を買ってしまったとき、「オシャレのために足の痛みを我慢して履き続けている」という方いませんか?
 
冬の間、足先はタイツや靴下で覆われていて目立たないため、異変に気が付きにくいのです。

ちょっと確認してみて! あなたの足先、足の爪、ギョっとするほど痛々しい姿になっていませんか? 放っておくと、ヤバイことになっちゃうかも……。

足爪から悲痛な叫びが聞こえてくる!?

毎日体重を支え続けている足爪。足爪には、ただでさえ負担がかかっているのに、そのうえキツイ靴を履いたり、深爪をしたりすることで、さらなるトラブルを起こしやすくなるのです。

たかが足爪だと思っていると、酷いときには靴を履いたり、歩いたりするのにも痛みをともなうようになります。

さらに、日常生活に支障をきたすこともあるので早めに対処しておくことが重要。

下記の項目に心当たりがある方は、今すぐ改善しましょう。

足爪がヤバイことになるNG習慣3つ

(1)先が尖った細い靴を履く

つま先部分が細いタイプの靴を履くと、足爪や指がギュッと圧迫されます。外部から持続的に圧迫されることで爪が変形、変色したり、爪の下で出血をしたりすることもあるのです。

だからといって、サイズが大きい靴もNG。靴の中で指に動きがあると爪が押されてしまいます。

靴はデザインによってサイズが変わることもあるので、購入するときは必ず履き心地を確かめて、サイズがピッタリなものを選びましょう。

締め付け効果が強いタイツを長時間着用するのも控えてくださいね。

(2)ヒールが高い靴を履く

ヒールが高い靴を履くと足先に体重がかかるため、爪にも大きな負担がかかります。ヒールがある靴を履きたいときは、高さが6~7cmまでで踵に安定感があるものを選ぶとよいでしょう。

(3)爪は四角く切る

爪が圧迫されると徐々に皮膚に食い込んでいき、痛みをともなう巻き爪になってしまいます。爪の角を短く切らないこと、全体的に短くなりすぎないように気を付けて爪を整えましょう。

爪にダメージを与え続けると気付いたときには、まわりが驚くような痛々しい姿になっていることも。

人前に出しても恥かしくないような、ピンク色で艶がある爪は健康の証。

指爪だけでなく、足爪も健康的でいられるように日ごろから意識したいものですね。

 

以上、まさしく巻き爪やその他の爪の変形やフットケアに関わってきます。

私が以前に述べた内容と重複していますので、ここでもう一度考えてみて下さい。
 

巻き爪の痛み軽減

東京都北区東十条の巻き爪矯正フットサロンタエです。

以前、爪のケア、フットマッサージで来店されたお客様から巻き爪で指が痛いので

何とかしてほしいと連絡が入りました。weep

病院に行ったそうですが、爪の端角に綿を詰められただけで返されたとのこと、

直ぐに取れてしまってどうにも痛くて何とかしてほしいと言われました。

爪を見てみると大分深爪で、爪が伸びないと医者も手付がけられなかったのだと思います。

前にもお話しましたが、巻き爪矯正板B/Sスパンゲは直接爪甲に装着するので、

痛い場所が爪の中央でも深爪であっても場所をえらびません。foot 

装着後、痛みが軽減されたと大変喜んでいらっしゃいました。happy01

1  2  3  4  5
フットサロンタエの施術室

〒114-0001
東京都北区東十条2-16-15サーティワン東北ビル301
TEL:03-6903-0771
E-mail:310-30@tae-21036.com
予約/受付時間:月〜金 16:00-19:00   土 11:00-18:00
定休日:日曜・祝日